へりくつ気味

基本PCの話。あとゲームやスマホや買った物のレビューなど。


Win7のプロダクトキーで Win10インストール

1_2016041016192748b.jpg

半信半疑だったけど、出来るもんやな。
サブPCで使ってたWindows10 ProをメインPCに移植したので、
メインで使ってたWin7 HomeのOSと、一応OS無しという形のサブPCが残った。

最初は一旦Win7を入れてWin10にアプグレする予定だったが、
「7や8のプロダクトキー(ライセンスキー)がWindows10インストール時に使えるぞ」という情報を得て、
じゃあWin10をクリーンインストールしてみましょかと。



■用意したもの

・サブPC C2D E8500/GA-EP45-UD3R スペック詳細はこっち

・Windows7 Home 64bit のプロダクトキー
※32bitのプロダクトキーを使いWin10 64bitをインストール出来たという報告を見たが、
 今現在も出来るかどうかは不明。

Windows10 メディア作成ツール(MediaCreationTool)

・ダイソーで買ったカードリーダー
・32GBのmicroSD
※USBメモリとして利用するため。ちなみに容量は3GB以上あればいい。
 あとファイルシステムをFAT32にフォーマットしとくこと。
※ただUSBメモリからのインストールは古いパソコンだと設定がややこしいので、
 ISOにしてDVDに焼いた方が無難。





まず落としたMediaCreationTool.exeを実行。同意しつつ進める。



2_201604101650503ef.jpg

他のPC用にインストールメディアを作る を選択。



3_20160410165313d70.jpg

以前はHomeやProなどのエディションを選べたが、今は選べなくなってる。
おそらくだけどインストール時のプロダクトキーや、
アップグレード時の元のOSからHomeかProか判別するようになったと思う。

あとアーキテクチャで 32ビット/64ビット/両方 と選べる。
よほどの理由がない限り32bit版使う事はないので64オンリーで。



4_20160410170245ef1.jpg

さっきも言ったけど古いPCで無難に行くならDVDの方をおすすめ。
今回はUSBフラッシュドライブ(USBメモリー)の方を選択。



5_2016041017072420f.jpg

ここ慎重にUSBメモリを選択し、



6_20160410170917ea9.jpg











で、出来たUSBメモリをサブPCに挿し、
BIOSで最初に読み込むのをUSBメモリにする。
うちのサブのGA-EP45-UD3Rの場合は
First Boot DeviceをHDDにし、Hard Disk Boot PriorityでUSBのやつを一番上に。



7_20160410203759680.jpg

Win10の引き継がない方のインストールを進めていくと途中でプロダクトキーを求められる。
ここでWindows7 Homeのプロダクトキーを入力。



で、なんだかんだでWindowws10 Homeをインストール出来ましたと。
ライセンス認証も特に問題なく。



ちなみにWindows7や8のプロダクトキーがWindows10に使えるのは今年の7月までという話もある。
無料アプグレ期間と一緒だと思う。

その期間が過ぎた後はどうなるんだろうな。
もうWindows10のプロダクトキーとして認識されてるんかな。まいいか。

これで無事、メインPCとサブPCのOS入れ替え完了と。はい。



続き メインPCをWin10にアプグレする。【設定&不具合編】



東芝 microSDHC 32GB EXCERIA 48MB/s UHS-I Class10 TOSHIBA 海外向パッケージ品 [並行輸入品]東芝 microSDHC 32GB EXCERIA 48MB/s UHS-I Class10 TOSHIBA 海外向パッケージ品 [並行輸入品]


東芝
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
関連記事
タグ : Windows7 Windows10
[ 2016/04/10 21:08 ] PC | トラバ(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する