へりくつ気味

基本PCの話。あとゲームやスマホや買った物のレビューなど。


子供の頃やった奇行

まとめ見てたら、そんな記事があって

自分のガキの頃を色々思い出してた。
■鉄球あめ玉

理科の教材か何かの小さい鉄球をあめ玉のようにひたすらなめてた。
最終的には飲み込んでしまい、「俺・・・死ぬ・・・」とおかんに泣きついた。
初めて本格的に死を意識した。



■町内のそんな広くない距離を自転車で一生周回

何が楽しいのかわからないけど、とある範囲をぐるぐるぐるぐる一生自転車で走ってた。
途中で1~2mのアップダウンがあり、そこの下り~90度コーナーがかなり鬼畜。
何度もそこでコケて膝から流血しまくってもやめず。
最終的に肘など全身から流血しまくったのでやめた。



■俺は参加してない 謎ブーム

ここ重要だから。俺は参加してない。

性への知識がかなり乏しい年の頃。
クラスの一部の男子が互いに股を触るという遊び?が流行った。
休み時間の度にその遊びをする。
最初は数人だったのがピーク時にはクラスの男子の8割以上が参加する自体に。
他のクラスからも数十人参加。
何十人もの男子がクラス一つ分の広さの場所で横になりキャッキャウフフと…
当時は理解してなかったが、あの光景は今でも忘れられない。

あの参加メンバーからソッチの道に行った人もおるだろうな。



■T字の交差点でコの字ダッシュ

通学路の途中で、結構交通量の多いT字路があり、
T字の真ん中の道を横断歩道を渡るのよ。
しかし当時はその信号待ちがだるくて、
「コの字にダッシュすれば待たなくていいじゃん!」と

1_201504220300388e4.jpg

わかりにくいかもだけど図にするとこんな感じ。
信号の時間的に結構ギリギリを攻めるのでゲーム性があり当時マイブームになった。

それから何度かコの字ダッシュした結果、車に跳ねられた。

事故った瞬間の事は覚えてない。
気づけば道路に横たわり、自分の周りを数人の大人が囲んでいて、
痛みなんかよりもその異様な光景に震えて仰向けになったまま号泣した。

号泣してたら救急車が来て、病院に運ばれてる間も号泣してた。

で、何だかんだ検査した結果、即日退院。
夜には見た目や痛み的にどこも異常なかった。
ふっ飛ばされて仰向けに寝てたって事は背中から着地したと。
当時はランドセルだったし、それがいいクッションになってたのかもしれぬ。

後日脳波の検査を受け、かなり大量の薬を持たされたのをうっすら覚えてる。
しかし1週間持たずに飲むのやめたっけな。何の薬だったのか未だに不明。

あとしばらくして事故の加害者の人が挨拶に来た。
20半ばぐらいのカップル。
当時の自分じゃその人らが誰かわからなかった。
応対してたおかんの後ろに隠れてたら
おかんが「見ての通りピンピンしてますし大丈夫ですよw」みたいな事を言ってたのを覚えてる。

今思うと向こうが被害者だよなぁ。申し訳ないな。
普通に歩いてたんじゃなく、コの字ダッシュしてたバカだもの。
飛び出したタイミングもろくに覚えてない。もしかしたら横断歩道は赤信号だったのかも。



まー許しておくれ。子供は急に飛び出す物と言うことで。



あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)
東野 圭吾

集英社
売り上げランキング : 145466

Amazonで詳しく見る
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する